体幹とは

MENU

体幹って何?

「体幹」とは、体のどの部分を指すのかご存知でしょうか?

 

読んで字のごとく「体の幹」ですから、胴体部分ですね。体幹とは、人間の身体の頭部と四肢(左右の手足)を除いた部分を指すのが一般的です。身体のコア(中心)となる部分です。

 

お腹周りをイメージされるかもしれませんが、腹筋だけを指すのではありません。背中や腰周りも含めた胴体の中心部全体と考えていただければよいと思います。

 

体幹は、骨と筋肉からなります。体幹を構成する骨には、骨盤、背骨、肋骨(ろっこつ)、肩甲骨(けんこうこつ)などがあります。そして、その周囲を取り巻く筋肉には、深層筋表層筋があり、この2種類の筋肉を総称して体幹筋と呼びます。

 

深層筋は、身体の内側の深い部分にある筋肉です。インナーマッスルとも呼ばれます。表層筋は、深層筋の外側、身体の表面に近い部分にある筋肉です。

 

体幹の重要な役割

体幹には、たくさんの筋肉があり、役割も違います。例えば、お腹周りの筋肉を見てみましょう。

 

一般的に、腹筋と呼ばれているのは腹直筋です。腹直筋は腹部の表層にあり、腹部を丸める際に収縮して機能します。それに対して、深層にあるのが腹横筋です。腹横筋は収縮してもあまり大きな動きを生まないので、外からは分かりません。腹横筋は自前のコルセットとも呼ばれ、身体を支える働きがあります。

 

このように体幹筋には、身体を動かす筋肉(表層筋)と、身体を支え安定させる筋肉(深層筋)があるわけです。それらはお互いに連動していて、「支える」筋肉が土台としての機能をしっかり果たすことによって、「動かす」筋肉もその役割を発揮できるのです。

 

体幹の3つの役割

体幹の役割についてまとめておきましょう。主に3つあります。

 

@ 姿勢を維持し支える役割

人間は直立二足歩行をします。四本足の動物はお腹が垂れていますが、ヒトは動物のように垂れていませんね。これは内臓を包み込むように存在している腹横筋のおかげなのです。姿勢を維持し支えるのに体幹はとても重要で、それには深層筋が主に関係しているのです。

 

A 動きを生みだす土台としての役割

表層筋は、体幹を前後左右に曲げたり、ひねったりするのに使われます。多くの動作は、四肢の動きをともなって行われますが、まず体幹部の筋肉が動き、それに連動して腕や脚の筋肉が動きます。このように手足の動きを生みだす元になっているのが、体幹の力強い動きなのです。

 

B 軸としての役割

ボールを投げたり蹴ったりする動作を思い出して見てみてください。動作の大きい手足の動きに目がいきますが、うまくボールを投げたり蹴ったりするためには、体幹のひねりや安定が不可欠なのですね。

 

 

体幹トレーニングのポイント

体幹を鍛えるには、おもに2つのポイントがあります。

 

「支える筋肉」と「動かす筋肉」を意識して鍛えよう

体幹には、「動かす」筋肉と「支える」筋肉があります。日常生活の中では、2つの筋肉は連動していて、それぞれ別々に動くわけではありません。

 

体幹を効率的に鍛える場合には、2つの筋肉を区別して鍛えることがポイントになります。

 

深層筋を鍛えるには、まず筋肉を使う感覚をマスターしよう

「腹筋が割れる」と言われるように、表層筋は外から見える筋肉なので意識しやすいのですが、深層筋は外から見えず意識しにくいので、鍛えるのが難しいとされています。

 

深層筋を鍛えるには、筋肉を使う感覚をマスターする必要があります。

 

体幹トレーニング

体幹トレーニング

それでは、具体的に体幹トレーニング法をご紹介していきましょう。どれも自宅で簡単にできますから、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

 

酵素ダイエット

酵素を摂ることで基礎代謝アップ。酵素の豊富な栄養によって、健康的に無理なく痩せられます。そのうえ美肌効果も!

酵素ダイエット

 

体幹とは? 体幹の重要な機能関連ページ

“くびれ”をゲット
腹横筋は自前のコルセットのように機能する筋肉。ですから腹横筋を鍛えれば本物の「くびれ」を得られます。姿勢が美しくなるなどの効果もあります。
ヒップアップ
大殿筋(お尻の筋肉)を鍛えることで、お尻の垂れ下がりを予防し、ヒップアップが可能です。腰痛予防にも大きな効果があります。
姿勢が美しくなる
腸腰筋を鍛えれば立ち姿や歩き方など姿勢が美しくなります。
座り方をちょっと工夫
座り方をちょっとだけ工夫すれば体幹を鍛えることができます。そのポイントをご紹介しています。
ながらトレーニング
さっそうとした動作には、何よりも体幹の安定が必要です。お腹周りや脚、胸、肩をまとめて鍛える「ながらトレーニング」をご紹介します。